外装リフォームの見極めが大事です

 

こんにちは、「大いに和める健康で便利な住宅」を提案する営業マンこと

エーシン大和です!

 

暖かくなってエーシンでも毎週外装リフォームの着工が出てくる季節になってきました。今回はその外装リフォームの見極めについてお話します。

外装の屋根や外壁はおうちのリフォームの中でも重要な場所になります。

屋根が錆びて穴があいたり外壁が腐食して雨水が侵入することでおうちの重要な柱や梁などに影響が出るからです。

基本的には定期的に塗装で保護することにより長年保つことができますが場合によっては塗装では保ちきれないこともあります。

例えば上の写真のような剥がれ。こちらは窯業サイディングという粘土やセメントなどを高熱処理して固めたものですが表面の保護している塗装部分が剥がれてしまい水に弱い部分があらわになっています。この状態ですと雨水がそのまま染み込み腐食して穴があく可能性があります。

こちらを直すには塗装では難しくサイディング自体を張り替える必要があります。

このようになった原因は上の写真のように釘打ちしてある部分が割れて水が入り凍結して爆裂してその爆裂したところからまた水が入り広範囲になっていったと予測できます。

まだこの釘の周りだけの爆裂状態であれば部分補修して塗装をすることは可能です。

上の写真はサイディングの継ぎ目になります。

継ぎ目がひび割れていますがこれはシーリングが痩せてひび割れして下の青い部分が見えてきています。

サイディングの木口は防水処理されていないのでこのシーリングが切れてしまうと雨水が侵入して腐食する可能性があります。この状態も塗装では直すことができずシーリングの打ち替えが必要になります。

 

このように外壁サイディングの場合をみるだけでもリフォームの仕方を見極めなければ今後また早い段階で直さなければいけなくなるかもしれません。

リフォームの仕方、リフォームのタイミングは塗装工事以外も行えるリフォーム店に総体的に判断をしてもらった方が間違いがありません。

というわけで外装リフォームはトータルサポートできるエーシンまでご用命ください(笑)

ちなみに私、大和は「窯業サイディング診断士」という資格をもっていますよ~♪

カテゴリー: スタッフブログ, オワブロ. Bookmark the permalink.